【次期学習指導要領改訂のポイント】

櫻田です。

次期学習指導要領の改訂のポイントについて記します。

下記はつまり、授業改善・カリキュラムデザイン改善のポイントということです。一つずつでも意識して変えていきましょう。子どもたちの「まなび」が変わっていきますよ。

 

○改訂のキーワード

「資質・能力」「アクティブ・ラーニング」「カリキュラム・マネジメント」「小学校外国語の教科化」

改訂の3つの論点

「何ができるようになるか」「何を学ぶか」「どのように学ぶか」

○「資質・能力」

・学校教育法が規定する学力の3要素

「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「主体的に学習に取り組む態度」

・グローバル化や情報通信技術進展など今後の社会の変化も見据えた資質・能力

「主体性・自律性にかかわる力」「対人関係能力」「他者と共同する力」「課題を解決し、新たな価値を主導・想像する力」「学びに向かう力」「情報活用能力」「グローバル化に対応する力」

・新しい時代に求められる資質・能力

「他者と協働してチーム編成をできる人」

「異なる価値を統合できる人」

「根拠等を明確に説明できる人」

「深い知識と広い視野を持つ人」

「人間同士の関係を重視する人」

「グローバルな課題を地域の課題と関連付けられる人」

として必要な資質・能力

○アクティブ・ラーニング

・児童生徒が誰かから「正解を教えてもらう」形の学びから、自分で答えを考えて作り出し、納得し、自分たちで学び合うことで、学びの質を高める形への転換を図ろうとするねらい

○カリキュラム・マネジメント

・「教育内容を一つの教科にとどまらずに相互の関係でとらえていくという手法・発想による、教科横断的な教育内容の組織的設定」

・「教育課程のPDCAサイクルの確立」

・「教育内容や授業方法と、諸条件の整備・活用の両者の関係の緻密な持続」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中