【多面的・多角的に考えるとは?】 #授業のユニバーサルデザイン #多面的 #多角的

【多面的・多角的に考えるとは?】

 

櫻田です。

 

IMG_8751「多面的・多角的に考える」と簡単に言うけれど、何を(対象)どのように(方法)考えるのでしょうか。

 

◆何を(対象)

1教材の登場人物の気持ちや考え→「〜とき〇〇はどんなことを考えたか」

 

2人物の在り方や生き方・それに対する自分の考え→「〜のような生き方をどう思うか」

 

3教材のテーマやそれに対する自分の考え→「〇〇では何が問題なのか」

 

4ねらいとする価値そのもの→「本当の〇〇とはどのようなものか」

 

◆どのように(方法)

1共感的に考える→「〇〇と同じ気持ちになったことはないか」

 

2分析的に考える→「なぜ〇〇はそのように行動したのか」

 

3投影的に考える→「もし自分が〇〇だったらどうするか」

 

4批判的に考える→「〇〇という考えに賛成か反対か」

 

「多面的思考」=1共感的に考える、2分析的に考える

 

「多角的思考」=3投影的に考える、4批判的に考える

 

とする見方もあるようです。

(宇都宮大学 和井内を参考に)

*************************

櫻田 武

Email: sakurada@herb.ocn.ne.jp

○秋田県大仙市教育委員会 指導主事

○秋田大学教職大学院 実地指導講師

○秋田県上級特別支援教育コーディネーター

○あきたユニバーサルデザイン研究会代表

○メンタル心理カウンセラー

○上級心理カウンセラー

○日本LD学会

○日本特殊教育学会

○日本授業UD学会

[sakuradasite]https://sakuradasite.wordpress.com

「あきたユニバーサルデザイン研究会」https://www.facebook.com/akitaud/

「まなびつうしん」 http://archives.mag2.com/

*****************************

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中